VX-3 レビュー(8) CWトレーニング機能

VX-3 CW Training Mode VX-3

VX-3で興味があったひとつが「CWトレーニング機能」です。
これまではパソコン用のフリーの練習ソフトを使って練習してきましたが、小型のハンディー機で手軽に練習できるというのは興味深いところです。
(これとは別に「CW学習機能」というのもあります)

VX-3のCWトレーニング機能は、セットモードから「22 CWTRNG」を選択することで使うことができます。ここでCWのスピードと送出条件(アルファベット・カナ・数字の選択)を行って実行すると、ランダムな5文字のモールス符号が送出され、同時に画面表示されます。
下の写真は、アルファベットのみを20WPM(100CPM)でランダムに送出する設定です。
(5文字送出して停止、ボタンを押すごとに5文字ずつ送出するという設定です)

個人的には22WPM(110CPM)で練習したかったのですが、20WPMの次は24WPM(120WPM)になってしまいます。

更にサイドトーンも変更できます。デフォルトでは700Hzですが、私は低い音が好きなので600Hzに変更しました。実際のCWの交信でもリグの設定で600Hzにしています。

VX-3 CW Speed

下の写真は、実行して G , F , K , H , M がランダムに送出されたところです。 
20WPM(100CPM)ならばオールコピーできました(^^)。

VX-3 CW Training

これ、なかなか使えると思います。CW(モールス符号)は聴いて覚えるの一番ですからね。
個人的には和文モールスはまったく解読できないので、和文(カナ)の練習をしようかな~なんて思ったところです(^^;)。
ちなみにカナの場合も5文字ずつランダムに送出され、同時にローマ字で(例えば「カ」の場合は「KA」)画面表示されますが、前の文字が消えていくので、書き取った後の照合が難しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました