VX-3 レビュー(13) 50MHz(6mバンド) FM を受信してみた

VX-3 50MHz FM VX-3

本日も午前から午後にかけて強いEsが発生していました。
リグのスイッチを入れて各バンドをチェックすると、HFのハイバンドが賑やかで、29MHzのFMも59+20dBほどで強力に6エリアの局が入感していました。その他の14MHzや21MHz、更に18MHzや24MHzも賑やかな状態になっていました。

HFハイバンドの大オープンで驚きました。

50MHzはどうかな?ということでチェックすると、HFのハイバンド程ではないもののCWやSSBで6エリアの局がそこそこの強さで入感していました。高い周波数へ移動すると51MHzより上ではFMモードによる交信も聴こえました。
先日はVX-3で29MHz(10mバンド)のFMを受信しましたが、今回は50MHzがオープンしているので、VX-3で50MHz(6mバンド)のFMを受信してみることを思い立ちました・・・。

前回と同様にFT-991Aで受信する局を見つけておいて、その後にアンテナをVX-3へ切り替えるというものです。コンディションの変動も大きく、もともとの電波があまり強くなかったのですが、それでも53程度で入感する局をFT-991Aで見つけました。
その状態でアンテナの接続をVX-3に切り替えましたが、

「・・・」

スケルチは開かず、何も聴こえない状況でした。
スケルチを手動で全開にすると、ノイズの中に埋もれて信号が聴こえますが、話している受信内容は解らない状態です。

ただ今回はもとの電波がそれほど強くなかったことと、コンディションも不安定だったので、VX-3に切り替えた時点では、電波の弱いタイミングだったのかも知れません。
もう少し安定した強い電波が入感する時に再度確認したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました