TS-680V

TS-680V

TS-680VとFT-991Aをこっそりと比較

こっそり比較シリーズの第2弾です。下記の第1弾もご覧下さい。 なぜ「こっそり」なのかというと、比較するリグの年代やコンセプトが大きく異なるため、比較することにあまり意味をなさないからです。今回は1987年発売のケンウッド...
TS-680V

移動運用で使うTS-680VとFT-991A

再開局(2010年)以来、移動運用のほとんどでケンウッドのTS-680Vを使ってきました。まだ健在ですが、昨年末頃からは八重洲無線のFT-991Aを移動運用で積極的に使うようにしてきました。(一時期、ケンウッドのTS-50を使っていた時期...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(6) RTTYの運用

久しぶりの「TS-680を使い倒す」の第6弾です。今回はTS-680VでRTTY(ラジオテレタイプ)を運用しようというものです。 ここではTS-680VとPCを専用のケーブルで接続し、MMTTYというソフトウェアを使用します。ケーブ...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(5) アンテナチューナー接続

「TS-680Vを使い倒す」の第5弾です。 記事では後先になりましたが、エレキーよりも先にこちらのアンテナチューナー(ATU)を購入しています。ATUを内蔵していないTS-680Vで利用する目的で、ネットオークションで落札しました(...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(4) エレキー製作と接続

「TS-680Vを使い倒す」の第4弾です。 このリグでCWをメインに運用し始めましたが、最初はストレートキー(縦振り電鍵)を使っていました。ところが・・・。 ストレートキーでの打鍵がまったく上達せず、正確な符号がいつまで経って...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(3) CWフィルター装着

さて「TS-680Vを使い倒す」の第3弾です。 2010年に再開局してこのTS-680Vを入手後、当初はフォーンを中心に運用していましたが、1年半後には再開局の目標でもあったCWの運用を開始しました。 CWでの交信に慣れてくる...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(2) 操作系

さて「TS-680Vを使い倒す」の第2弾です。 繰り返しになりますが、このリグは1987年発売のHFと50MHzをオールモードでカバーした送信出力10Wのトランシーバーで、オートアンテナチューナーは内蔵していません。受信については中...
TS-680V

TS-680Vを使い倒す(1) 概要

近年、スペクトラムスコープ内蔵のポータブル機も登場し、無線機(リグ)の進化も著しい状況ですが、「古いリグもいいですよ~」ということで、私が使っているKENWOOD (ケンウッド)のTS-680Vとその活躍ぶりを紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました