リグ(無線機)

TS-680V

TS-680Vを使い倒す(7) 電源投入時の機能設定

久しぶりのTS-680Vネタです。今回は機能設定の紹介になります。 TS-680Vはこのブログの「TS-680Vを使い倒す(2) 操作系」でも書いていますが、1ボタン1機能となっております。ファンクションやセットモードといった概念が...
TS-680V

TS-680Vのメーカー修理(FBな対応!)

このところ、このブログで登場頻度の高いTS-680Vです。それだけ私の中で思い入れが強いリグですが、今回はこのリグの過去のメーカー修理についてです。 実は私のTS-680Vは2013年頃に、ケンウッドのサービスセンターへ修理に出した...
TS-680V

TS-680VとFT-991Aをこっそりと比較

こっそり比較シリーズの第2弾です。下記の第1弾もご覧下さい。 なぜ「こっそり」なのかというと、比較するリグの年代やコンセプトが大きく異なるため、比較することにあまり意味をなさないからです。今回は1987年発売のケンウッド...
TS-680V

移動運用で使うTS-680VとFT-991A

再開局(2010年)以来、移動運用のほとんどでケンウッドのTS-680Vを使ってきました。まだ健在ですが、昨年末頃からは八重洲無線のFT-991Aを移動運用で積極的に使うようにしてきました。(一時期、ケンウッドのTS-50を使っていた時期...
FT-7900

FT-7900が仲間入り!

新しい無線機が当シャックに仲間入りしました。仲間入りした無線機は、バーテックススタンダード(現:八重洲無線)の144/430MHzのFMトランシーバーFT-7900(20Wモデル)です。 既に生産終了(2022年2月現在)になったモ...
VX-3

VX-3のスキャン機能

前回の記事でVX-3で国際VHFを受信しましたが、その後に引き続いてVX-3をワイドバンドレシーバーとして少し使ってみました。 VX-3はワイドバンドレシーバーとしての機能もあります。 VX-3のワイドバンドレシーバーとし...
FT-991A

FT-991Aレビュー(1) APFを使う

FT-991Aをほとんど使いこなせていない状況ですが、それでもCWに関する機能は少しずつ確認しています。 CWの運用では隣接した周波数で運用する局の影響を受けないよう、古い無線機ではCWフィルターを装着して通過帯域を制限したりします...
FT-991A

FT-991AでNAVTEXを受信

前回の記事でFT-991Aで気象FAX放送を受信したと書きましたが、今回は「NAVTEX」の受信についてです。肝心のFT-991Aのレビューはさておき、受信ばかりしています(^^;)。 「NAVTEX」(ナブテックス)は...
FT-991A

FT-991AでJMH(気象無線模写通報)を受信

前回の記事で、FT-991AでRTTYの設定をしたが、このリグでのデジタルモードの運用の申請をしていなかったので送信テストができない・・・という顛末でした。 送信できないのならしょうがない・・・ということで、せっかく無線...
タイトルとURLをコピーしました