機材

モビホのSWR特性とマグネットアースシート「MAT50」の効果

私がHFを移動運用する際は、モービル(自動車)から第一電波工業のモービルホイップアンテナ「HFシリーズ」を使って運用しています。短いコンパクトなHF用のアンテナですが、とても高性能で気に入っています。 以前はハッチバック基台で自動車...
全般

1.9MHz(160mバンド)のSSBをDXコンテストで受信

1.9MHzでSSBの運用が許可されて久しいですが、バンドの様子はどうなっているのでしょうか。これまでに1.9MHzのSSBを受信したという記事を2回書いていますが、1回目の受信時はコンディションが良好でFBに入感、しかし2回目の受信時は...
機材

NanoVNAでダイポールアンテナのSWR特性を測定

購入したばかりの「NanoVNA」ですが、SWR特性の測定の方法が解りましたので、当無線局に設置しているダイポールアンテナのSWR特性を測定してみました。 自作のマルチバンド・ダイポールアンテナを測定する ...
ゼロからのCW

ゼロからのCW(その1)まずは免許!

なんといってもまずは免許ですね! CWが運用できるのは第三級以上のアマチュア無線技士 CWを運用するためには第三級以上のアマチュア無線技士の従事者免許が必要だということは、ここで説明するまでもありませんね。第三級以上を取得され...
機材

マルチバンド・ダイポールアンテナを設置

前回の記事で「NanoVNA」を開封し、とりあえず手探りでハンディートランシーバーのホイップアンテナのSWR特性を測定しました。次に当無線局に設置したダイポールアンテナについて同様に測定しますが、その前にこれらのアンテナについて記載してお...
機材

NanoVNAを導入!

ネット上で情報を見つけ、以前より気になっていた「NanoVNA」をアマゾンで購入しました。どうしても必要という訳ではないのですが、いずれは欲しいと思っていたアンテナアナライザーが高額なためなかなか手が出せずにいたところ、ネットで話題のこの...
ゼロからのCW

ゼロからのCW(まえがき)

CW。正確には「Continuous Wave」といいその頭文字を取って「CW」と一般的には呼ばれています。直訳すると「断続波」となりますが、オールモード機と呼ばれる無線機では、ほぼ例外なく「CW」というモードが使えるようになっています。...
全般

コンディション良好!7MHz

長らくHFのコンディションの良くない状況が続いていましたが、秋分の日から一週間が経過した本日は、午前中と夕方の7MHzのコンディションは良好でした。(日中は外出していて確認していませんが、どうだったのでしょうか)特に夕方の7MHzのCWは...
全般

CWの交信で感じた9のこと

CWによる交信を始め9年あまりが経過しました。まだまだ経験は浅いのですが、ここでCWの交信を通して私が感じた9のことを書こうと思います。かなり私見が入っていますので、「そんなことはないだろう」というご意見もあろうかと思いますが、まあ適当に...
全般

1.9MHz(160mバンド)のSSBを再受信

先般に続き、本日も1.9MHzのSSB(LSBモード)をワッチしてみました。本日は運用の可能性も考えて1.9MHzのロングワイヤーアンテナを臨時に張るという意気込みぶりでした。 ところが・・・。 本日はSSBでの交信が全く入感...
タイトルとURLをコピーしました